絶景日和

A collection of scenic photos from all over Japan Since 2006

青森

青森のねぶたの時は
青森市内のホテル、旅館は満杯らしく
大半の客は青森市内から遠く離れた所に
宿泊するようです。
私たちのホテルは青森市から2時間以上離れた
岩手県の八幡平でした。
しかし豪勢な客も居て、ねぶた会場から5~6分の
青森港に停泊している「Pacific Venus号」で来て
そこに宿泊している人もいました。

Pacific Venus号

青森ねぶた祭の最終回です。

歓喜乱舞、それは「ねぶた」の本能。





ねぶたは写真で見ると平板ですが
実物は立体像です。
よくも一枚の絵からこんな立派な立体像を
針金と和紙で作ったもんだと感心させられます。
写真では平板で残念ですが立派なので
武者絵として掲載します。






ねぶたの像はそれぞれ物語をモチーフとして
出来ています。
例えば:

海幸彦、山幸彦
山幸彦は山で狩をするのが上手く、海幸彦は海で漁をするのが上手かった。
ある日二人は狩の道具を交換して獲物を捕ってみようということになり、
山幸彦は海幸彦が大切にしている釣り針を持って海に出たが、
海でこれを無くしてしまった・・・。
海辺にたたずんでいると、波間から老爺が顔を出し、
理由を尋ね海神の宮へと導く・・・・。




ねぶたの後に太鼓が続きます。
案内書には‘天地を震わす太鼓の響’と
書いてますが、確かに勇壮な腹に響く音ですね。








↑このページのトップヘ